そもそもSlackなどのチャットツールと連携する必要があるのか?

SlackやMS Teamsなどチャットツールを使用するのはどの企業でもやっていることでしょうし、複数の企業間でやり取りすることがある方などは複数のツールを使用している、なんてことは普通にあると思います。

そんな状態の中でバックログのようなプロジェクト管理ツールとの連携はさも当然かのようにおっしゃられる方が多いと感じているのですが、私は果たしてそうなのか?と感じています。

MS Teamsでいうチームが複数存在し、それぞれのチームの中に複数のチャネルが存在し、混沌とした状態になっている方も多いと思いますし、私自身その状態に辟易としています。

そのうえで更にバックログとの連携の必要性が理解できないのです。

バックログみればいいし、バックログで起票された課題はそっちで管理すればいいし、SlackでやりとりしたいならURLのリンクはってこの件だけどー、てすればいいし、1つのチケットに対してあっちのツールでもこっちのツールでもやりとりしていることが原因であれってどっかに書いたんだけどどこだっけ、てなりがちですし。

バックログを利用しているみなさんはどういった理由・メリットでチャットツールに連携しているのでしょうか?