GoogleフォームをGASを通じてbacklogに「メールによる課題追加のための設定」機能を使い自動起票しており、 backlog上の課題登録者を依頼者の名前にしたい。

前提・実現したいこと

現在、社内問い合わせ用として
GoogleフォームをGASを通じてbacklogに「メールによる課題追加のための設定」機能を使い自動起票しており、
backlog上の課題登録者を依頼者の名前にしたい。

発生している問題・エラーメッセージ

現在、GoogleフォームをGASを通じてbacklogに「メールによる課題追加のための設定」機能を使い自動起票しているのですが
backlog上の登録者が私のみとなってしまい、登録した方の名前で登録されません。

該当のソースコード

// @ts-nocheck
function sendTroubleEmail(e) {

  // 送信された各回答と対応する質問名を格納する
  var itemResponses = e.response.getItemResponses(); 

  /*
  * メール本文
  * Googleフォームに設定した質問項目と対応させてください
  */
  // 不具合依頼
  const contentOfTitle = itemResponses[0].getResponse();
  //起票者
  const contentOfRequester = itemResponses[1].getResponse();
  // 企業名
  const contentOfOccuredDate = itemResponses[2].getResponse();
  // アプリ名 
  const contentOfPriority = itemResponses[3].getResponse();
  // 対象の機能
  const contentOfReasonOfPriority = itemResponses[4].getResponse();
  // 対象の症状
  const contentOfTargetSystem = itemResponses[5].getResponse();
  // 発生日時
  const contentOfCurrantSituation = itemResponses[6].getResponse();
  // 機種
  const contentOfTroubleReproductionRate = itemResponses[7].getResponse();
  // OS
  const contentOfTargetURL = itemResponses[8].getResponse();
  // アプリ会員番号
  const contentOfTargetMemberInformation = itemResponses[9].getResponse();
  // メールアドレス
  const contentOfTroubleDetail = itemResponses[10].getResponse();
 // 参照画像・動画等 の有無
   const contentOfIdealResult = itemResponses[11].getResponse();

  /*
  * 質問項目
  */
  const TITLE = "不具合依頼";
  const REQUESTER = "起票者";
  const OCCURED_DATE = "企業名";
  const PRIORITY = "アプリ名";
  const REASON_OF_PRIORITY = "対象の機能";
  const TARGET_SYSTEM = "対象の症状";
  const CURRENT_SITUATION = "発生日時";
  const REPRODUCTION_RATE = "機種";
  const TARGET_URL = "OS";  
  const MEMBER_INFORMATION = "アプリ会員番号";
  const TROUBLE_DETAIL = "メールアドレス";
  const IDEAL_RESULT = "参照画像・動画等 の有無";

  /* 
  * メール送信先アドレス
  * Backlogの課題登録用メールアドレスを使用します。
  */ 
  const TO = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX@i4.backlog.jp";

  // メール件名
  const SUBJECT = "【" + TITLE + "】"+ contentOfTitle;

  //メールの内容(backlogの課題詳細に表示される)
  var body = "【" + REQUESTER + "】" + "\n" + contentOfRequester + "\n\n" +
    "【" + OCCURED_DATE + "】" + "\n"  + contentOfOccuredDate + "\n\n" +
    "【" + PRIORITY + "】" + "\n"  + contentOfPriority + "\n\n" +
    "【" + REASON_OF_PRIORITY + "】" + "\n"  + contentOfReasonOfPriority + "\n\n" +
    "【" + TARGET_SYSTEM + "】" + "\n"  + contentOfTargetSystem + "\n\n" +
    "【" + CURRENT_SITUATION + "】" + "\n"  + contentOfCurrantSituation + "\n\n" +
    "【" + REPRODUCTION_RATE + "】" + "\n"  + contentOfTroubleReproductionRate + "\n\n" +
    "【" + TARGET_URL + "】" + "\n"  + contentOfTargetURL + "\n\n" +
    "【" + MEMBER_INFORMATION + "】" + "\n"  + contentOfTargetMemberInformation + "\n\n" +
    "【" + TROUBLE_DETAIL + "】" + "\n"  + contentOfTroubleDetail + "\n\n" +
    "【" + IDEAL_RESULT + "】" + "\n"  + contentOfIdealResult + "\n\n" +
    // @ts-ignore
    "▼ファイル格納先" + "\n" + "XXXXXXX";

  /*
  * メール送信実行
  */
  MailApp.sendEmail(
    TO,
    SUBJECT,
    body
  );
}

試したこと

backlogのメールによる課題追加のための設定では、下記設定にしております。
>メールの送信元(From)から登録者を割り当てる

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ここにより詳細な情報を記載してください。